夫が童貞だった場合の対処法:少しずつ優しくリードするのが大切!

結婚するまで営みが無かったカップルは多くいます。

また、理由を付けて断られていた夫が、実は初めてのセックスで童貞を告白してきた!という話もないわけではありません。では、実際結婚相手が童貞だった場合、どう対処すればいいのでしょうか。

今回は、結婚した夫が童貞だった場合の対処法についてご紹介します。夫が童貞でも問題ない、むしろ嬉しいと思う女性は多いです。うまくリードし、男性が気持ちよくなるようサポートしてあげましょう。

夫が童貞?!

結婚して同じ家に住んでいるのに、中々夫婦の営みが無いという夫婦は意外と多いです。

その中には、夫が童貞だったことを隠していたためにセックスが無かった、という夫婦も。男性の中には、童貞を隠したい方もいるようです。

しかし、隠していても童貞が卒業できるわけではありません。いつかは妻にバレてしまうものです。妻にカミングアウトしても、基本的には何の問題もありません。男性が、女性は処女であることを喜ぶように、自分が初めてでうれしいと思う人も多いです。

そのため、夫が童貞であることは恥ずかしくないという話合いから始めていきましょう。お互いをより知るうえで、セックスは大切です。まずはセックスに対する姿勢から合わせていくことが大切です。

優しくリードする

童貞でも知識を持っている場合と、間違った知識を持っている場合があります。

後者の場合、痛みや自分本位のセックスになりがちですから、夫が童貞のうちにその思考を払拭させる必要があります。

そこでまず、夫のプライドが損なわれないよう、おねだりという形で少しずつリードしていきましょう。そうすることで、夫も気持ちよくなることができたり、童貞卒業の一歩を踏み出すことができます。

女性も、自分好みの男に仕上げることができる興奮や優越感に浸ることができるでしょう。自分が好きな男性が、自分の事だけを知り気持ちよくなってくれることに興奮しない女性はいません。2人で協力しあって、素敵な初めてのセックスにしましょう。

まずは手をつなぐことから?

童貞の男性は結婚する前から女性慣れしていないことがあります。

理由は様々あるでしょうが、結婚するまでセックスをしない関係でも、男性が童貞か否かは大体わかるはずです。そのため、まずは手をつなぎ、キスをするなど、どんどん段階を踏んでいきましょう。

童貞の男性は、自分でリードするよりもリードしてもらう事でノウハウを知ることができます。慣れてくれば自分から誘ってくることもありますから、まずは1度女性の方から手をつなぐなどのアクションを取っていきましょう。

スキンシップが増えることで、夫のセックスに対する興味関心も強く出てきます。長年童貞が続くと、どうしても消極的になりがちですので、眠っていた性欲を呼び覚ましてあげましょう。そうすることで、夫との初めてのセックスを成功させることにつながります。

自分が処女の場合

結婚して夫が童貞であることを知ったと同時に、自分も処女であることをカミングアウトした経験がある方もいます。どちらも初めてだったからこそ、結婚するまで話題に上がらないパターンもあるのです。

そういった場合は、焦ることなく自分たちのペースで進めていきましょう。結婚したからと言ってすぐにセックスをする必要はありません。時間をかけても構いませんから、自分たちができるタイミングを見計らって少しずつスキンシップを取っていきましょう。

次第に呼吸やタイミングが合うようになってきて、初めてセックスに挑戦することができます。まずは焦ることなく、2人でタイミングを合わせて触れ合うことから始めていきましょう。優しく導くことで、童貞の夫も安心して触れてくれるはずです。

↓↓注目↓↓

ストライク読者から圧倒的な支持を集めている出会い系アプリがハッピーメール。実際に女性と出会えると、TVや雑誌でも注目のアプリ。

ハッピーメールに登録(18歳以上のみ)