渋谷にあるバイブバーの特徴!女性だけで行っても平気?

渋谷には、バイブバーと呼ばれるバーが存在します。女性だけで行っても大丈夫な場所なのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

今回は渋谷にあるバイブバーについての特徴をまとめました。

エッチな場所ではないのか、と不安に思っている方の悩みも解消しますので、ぜひチェックしてみてください。

バイブバーとは?

「バイブバー」を聞くだけで、エッチなお店なのでは、と不安に思う方も多いですが、心配はありません。

渋谷にあるバイブバーは、ただ色とりどり、様々なバイブが置いてあるだけのバーです。危険な香りは一切無く、ただバイブを鑑賞するためだけのお店です。

店内はエッチな春画や変わった置物も多く置かれていますが、エッチ、というよりは変わったものという印象が強いです。

そのため、性的な雰囲気よりも好奇心が勝るような場所なので、女性だけでも安心して入店することができます。

店員もいたって普通の女性なので、安心して飲み物や食べ物を頼むことができます。ただ、目に入る場所すべてにバイブが飾ってあるので、それを見ながらお酒を飲むことになります。

  • 住所東京都渋谷区道玄坂2-7-4 3F
  • アクセスJR渋谷駅・ハチ公口より徒歩3分、京王井の頭線渋谷駅・西口より徒歩1分
  • 料金コース ¥3,000(税込)90分<2ドリンク込>
  • 営業時間17:00~23:30
  • 定休日日曜
  • 電話番号03-5456-1100
  • 公式HPTHE VIBE BAR WILD ONE ザ・バイブバー・ワイルドワン
  • 男性の入店が基本的に禁止

    バイブバーは、基本的に男性の入店を禁じています。

    男性は、カップルか、女性の割合が多いグループの時のみ入店を許可されています。あらかじめ許可をとるなどすると、スムーズに入店することができます。

    男性よりも女性の割合が多くなるよう計算されているので、安心して女性だけでも入店できます。

    キャバクラや怪しいお店とは異なり、フォトジェニックではありますが、エロイ雰囲気はあまりないので、純粋に楽しむことができます。

    店内には350本以上のバイブが飾られているので、美術品を鑑賞する感覚で楽しむことができます。

    利用方法を知ることができたり見たり触ることもできるので、純粋な好奇心で楽しむことが可能です。興味を持てたら、後で購入すると良いでしょう。

    バイブバーはエッチ禁止

    バイブバーでは、想像しているようなエッチなことは基本的に許可されていません。

    エッチな雰囲気になることもありませんので、安心してお酒を飲みましょう。バイブについても触れることはできますが、動かしたりなどはできません。

    また、触るときは手袋の着用が義務付けられています。エッチな雰囲気を楽しむためではなく、美術品のように飾っているので、取り扱いには十分注意しましょう。

    バイブを持っているだけでエッチな気分になることはあります。

    カップルできていればなおさらです。渋谷のバイブバーを出れば、ホテル街に行くこともできます。エッチな気分になってきた場合は、早急にバーを出て、セックスができる施設や家に移動しましょう。

    その際、バーに飾ってあったようなバイブを利用してセックスするのもおすすめですす。

    エッチな雰囲気はない

    バイブバーと聞いて、エッチな雰囲気に興味を持った方は多いはずです。

    しかし残念ながら、エッチな雰囲気はあまりなく、どちらかというとインスタ映えのような印象を持ちます。渋谷のバイブバーは特に、女性に好まれるバーです。

    飲み物もおしゃれでかわいく、女性が嬉しい演出が多く施されています。

    また、男性の入店は基本的に行われていませんので、男性が下心をもってこの店に連れていくことも中名できません。ですので、女性同士で行きたい方も安心して入店できます。

    エッチな事も一切行われていないので、バイブを見に行くだけのお店です。

    しかし美術品のように並べられているバイブを見るのは、とても壮観で楽しめるはずです。興味がある方は1度友人を誘っていってみましょう。

    ↓↓注目↓↓

    ストライク読者から圧倒的な支持を集めている出会い系アプリがハッピーメール。実際に女性と出会えると、TVや雑誌でも注目のアプリ。

    ハッピーメールに登録(18歳以上のみ)