生理中にオナニーするときの注意点

生理中にオナニーがしたくなる時を経験したことのある女性は少なくないのではないでしょうか。しかし、生理中にでもオナニーをしたくなるなんて性欲が強すぎなのではないかというような事を考えてしまう人もいるでしょう。しかし安心してください。生理中には、ホルモンバランスがいつもとは違い、不安定になるために気分の安定を図りたいがために生理中にオナニーがしたいというような感情が芽生えるのです。

それと、生理中にオナニーをして大丈夫なのかというように考える人もいるでしょう。生理中のオナニーはやってはいけないこともありますが、それを避ければ大丈夫です。そこで生理中にオナニーをするときの注意点をお伝えします。

生理中のオナニーの効果

生理中のオナニーには、注意しなければならないこともありますが、効果もあります。効果を知ることとで生理中のオナニーについて詳しく知ることもできるでしょう。生理中にはホルモンバランスが崩れ、体調を崩したようになってしまう人も多いです。しかし、オナニーにはホルモンバランスをよくする働きがあり、これらの生理中の不調を緩和する効果があることが医学的に証明されています。生理中には憂鬱さを経験した人も少なくないでしょうが、生理中にオナニーをすることで生理中の憂鬱さを改善させることができます。

生理中のオナニーの注意点

先程は、生理中にオナニーをすることの効果を紹介しましたが、これから生理中でオナニーをするときに注意することを紹介します。なぜなら誤った方法で生理中でオナニーをすることはデメリットがあるからです。

経血で部屋を汚さないようにする

基本的なことではありますが、生理中でのオナニーは、オナニー中も経血が出ます。ベッドやシートやパンツを汚さないように準備しておいたほうがいいものがあります。それはバスタオルをベッドの上にひくことです。手もかなり汚れるでハンドタオルかティッシュの準備をしておくといいでしょう。

それかお風呂場でオナニーをするのもいいでしょう。風呂場だと汚れたらすぐにシャワーか風呂の水で流すことができます。しかし湯船の上でのオナニーはやめてください。風呂の水が汚れてしまい、せっかくのお風呂で不快感を味わうことになってしまいます。

経血がオナニー中にも出ることを頭の中に置いておかないとシートが汚れたりして大変なので忘れないようにしてください。

バイブや指で膣内の刺激は厳禁

生理中のオナニーでは、バイブや指などで膣内を刺激することは厳禁です。なぜなら生理中は子宮内膜が剥がれている最中のために膣内が非常にデリケートですので膣内にばい菌が入ると炎症したり、ひどくなると病気になる可能性があります。ここで一番よい方法は弱い振動でローターをショーツやナプキンの上から刺激する方法です。

それと主に膣以外でオナニーをするといいでしょう。胸や足など感帯を中心にすると性欲も発散させることもできますし、衛生的も大丈夫なため病気のリスクも減り一石二鳥です。

膣内を傷つけていないか

知らぬ間に強く刺激してしまい膣内を傷つけてしまうことがあります。そのためにいつも膣内を傷つけていないかを注視する必要があります。

シャワーで清潔に

オナニーでイッた後に睡魔が訪れそのまま寝たいというような人も多いでしょう。しかし不衛生な状態が続くのはよくありません。最悪の場合、病気になる場合もあります。生理中のオナニー前後はシャワーを浴びることをすることで性器を清潔に保つ必要があります。

まとめ

生理中にオナニーをすることで注意する点を中心に紹介してきました。生理中でオナニーをすることは生理中中の倦怠感を緩和すること効果もありますが、清潔にオナニーをしないと病気になってしまうという事もあります。きちんとした方法を心がけることで生理中のオナニーを楽しみましょう。

↓↓注目↓↓

ストライク読者から圧倒的な支持を集めている出会い系アプリがハッピーメール。実際に女性と出会えると、TVや雑誌でも注目のアプリ。

ハッピーメールに登録(18歳以上のみ)