男性も潮吹きできる?潮吹きのやり方と注意点を紹介!

男性の潮吹きとは、余り聞き覚えのない言葉ですが、実際には近年人気を集めているオナニーの方法です。

一度射精をし、強制的にまたペニスを刺激することで、女性と同じような潮吹き体験を経験することができます。

今回は、男性の潮吹きの方法と注意点についてまとめました。

興味がある方は、正しい方法をしっかりと知りましょう。また、危険も伴いますので、十分注意して行うようにすると、体への影響を最小限にとどめることができます。

男性の潮吹きの原理

女性の潮吹きは聞いたことがありますが、男性の潮吹きは中々聞いたことがありません。

男性の潮吹きは、近年注目されている新しい方法のようです。また、潮吹きには個人差があるため、必ずしも男性が潮吹きできるとは言えません。

潮吹きは、男性が射精してすぐペニスを刺激することで促されます。

気持ちよさの程度は、ドライオーガズムや射精とも違い、尿道近辺を限界まで刺激することで感じられる快感に近く、癖になるといわれています。

女性の性器を繰り返し刺激することでオーガズムを感じさせるのとは違い、射精後すぐに行うので、苦しさやくすぐったさを感じてしまうこともあります。

しかし、それを乗り越えれば気持ちよさを実感することができるので、まずは風俗などに行ってプロの技を実感しても良いでしょう。

男性の潮吹きのやり方

まず、射精後のペニスを掌などで優しくなでるように刺激していきます。

亀頭を中心に撫でることで、尿道を刺激することもできるようになり、より一層潮吹きを高めることが可能です。

射精後のペニスは非常に敏感になっているので、男性によってはきついと感じます。

場合によっては途中でやめてしまうこともありますが、大丈夫そうであれば続けましょう。

勢いよく撫でると痛みを感じることもあるので、じっくりと刺激すると効果的です。一定以上刺激し続けることによって、次第に尿道がより刺激され、潮吹きを体験できます。

痛みはほとんどありませんが、射精した後の刺激や尿道への刺激で、快感にはピリッとした痛みを伴うことがあります。

それも快感の一部として取り入れることができる場合もあるので、一度体験してみましょう。

潮吹きは何が出てくる?

潮吹きは、尿道を刺激することで尿のような成分の液体が噴射することを言います。

厳密にいえば尿とは違いますが、同じ部分から出ることで臭いや色味も似ている液体が出てきます。男性の潮吹きも同じです。

尿と同じ透明、または白濁に近い色で、臭いはほとんどない液体を噴射します。

場合によっては飛距離が出てしまうことも多くあるので、タオルなどを用意しておきましょう。つい謝りたくなってしまうほどの刺激と、気づいたらそういった液体が出ていることが多いので、初めは驚くようです。

しかし慣れてくるとそれが非常に強い快感に変わる場合もあるため、何度か繰り替えして様子を見ると良いでしょう。

危険な液体ではありませんので、射精後に噴射しても問題ありません。

潮吹きの危険性

気持ちよさを追求することは悪いことではありません。

しかし、無理やり行ったり、過度なオナニーは体を傷つけてしまうので控えるようにしましょう。

また、1日に何度も射精を行うと勃起不全になったり、セックスの時に気持ちよくなれないこともあるので注意が必要です。

潮吹きオナニーにはまった場合も同様です。

やりすぎは尿道を傷つけたり、射精に影響を及ぼす危険性もあるので、何度も行わないよう注意してください。どうしてもしたくなった場合は、日数や回数を調整して行いましょう。

健康的なオナニーは害ではありません。正しい潮吹きの方法を確認し、楽しく行いましょう。そうすることで、健康的ですっきり過ごすことができます。

↓↓注目↓↓

ストライク読者から圧倒的な支持を集めている出会い系アプリがハッピーメール。実際に女性と出会えると、TVや雑誌でも注目のアプリ。

ハッピーメールに登録(18歳以上のみ)