相手が巨根で痛い・・入らないときの対処法を紹介!

セックスの時の相性は非常に重要です。そのため、相手が巨根であるなどの悩みを抱えている女性も多いでしょう。

男性からすると、大きければ気持ちいいだろうという考えになりがちですが、そうではありません。

実際、巨根を相手にするのはとても大変なのです。痛みを伴う場合もあるので、慎重にいかなければなりません。

今回は、相手が巨根だった場合の対処法や痛みについてまとめました。彼が巨根で痛い、悩んでいるという方はぜひ参考にしてください。

彼が巨根だと困る理由

女性からしたら、小さいペニスも気持ちよくありませんが、大きすぎても問題のようです。

ペニスに差異があり、大きさもバラバラなことに対し、女性の性器も受け入れられる許容範囲はバラバラです。

そのため、膣が元々狭い形をしている場合や、大きいペニスを受け入れられないという場合は、痛みしか感じないため苦痛でしかないのです。

セックスが苦痛だと交際関係にも影響を及ぼします。そのため、徐々に慣らすことや、無理な場合は無理強いしないなどの対処が必要になります。

無理やり入れることの痛みは女性にしかわかりません。

「気持ちいいはず」という固定観念を捨て、女性にしっかりと寄り添ってあげるようにしましょう。そうすることで、女性とのセックスがうまくいくようになります。

巨根で痛くても挿れられる

女性の膣は、狭さや広さに差異がありますが、徐々に慣らしていけば大きいペニスも受け入れられるようになります。

その理由は、膣内は筋肉で構成されているからです。出産するときも、赤ちゃんの大きさに対応して伸び縮みします。

これをセックスでも生かすことができるのが、膣の強みです。

ですので、大きすぎるペニスを受け入れることになった場合は、まずは大きさに慣れていくことから始めましょう。もちろん、初めから受け入れられるはずがありません。

根気強く取り組んでいくことで、次第に膣がペニスの大きさに慣れ、痛みも感じることなくセックスに取り組めるようになるのです。

こういった地道な努力も、時には必要です。パートナーと一緒に気持ちよくなりたいのであれば、こういった工夫を大切にしましょう。

気持ちよくなるには前戯を大切に

大きいペニスを持つ男性は、そのことに誇りを感じていることが多く、セックスの工程を省き、すぐに挿入したいと考えがちです。

しかし実際には、大きすぎて痛いといわれることも多く、セックスが上手だと思われません。

前戯が極端に短い傾向にあるのです。そういったことにならないよう、男性は女性を気持ちよくさせることを心がけましょう。

セックスでは対話がとても大切です。どこが気持ちいいのか、どうすればいいのかを確認しつつやっていきましょう。

エッチな雰囲気の中で確認していけば、その会話も興奮材料になります。うまく生かし、しっかりと巨根を受け入れられる状態まで整えてあげましょう。

女性も、前戯をして、とおねだりするのを忘れないようにしてください。

コミュニケーションが大切

男性は「大きいペニスが気持ちいい」女性は「大きいペニスは痛い」と感じていますが、これを口に出してお互いに伝えることが少ない傾向にあります。

そのため、意思疎通ができていないためにお互いが気持ちよくなることができないでいます。

それでは非常にもったいないので、セックスの際は何が痛いのか、どうすれば気持ちよくなれるのかをしっかりと話していきましょう。

そうすることで、お互いが気持ちよくなれるセックスをすることができます。

前戯やお互いの表情をよく観察するなどのコミュニケーションを大切にし、巨根でも安心してセックスができるよう環境を整えていきましょう。

↓↓注目↓↓

ストライク読者から圧倒的な支持を集めている出会い系アプリがハッピーメール。実際に女性と出会えると、TVや雑誌でも注目のアプリ。

ハッピーメールに登録(18歳以上のみ)