スペンス乳腺の場所・正しい触り方:乳首のGスポットで快感を得よう!

セックスの際、女性は思ったよりも胸で感じることはできません。しかし、触り方や場所によっては強い快感を得られる場所があります。「スペンス乳腺」とは、胸のGスポットとも呼ばれている箇所で、強い快感が得られます。

今回は、スペンス乳腺の場所や触り方についてご紹介します。セックスの時に正しく触ることで、とても気持ち良くなることができます。男女ともに正しい知識として取り入れておけば、マンネリも解消され、楽しい夜が待っています。ぜひ参考にしてください。

スペンス乳腺とは?

Gスポットとは、膣内のある一定の場所を触ることによって強い快感が得られる場所です。実は、胸にもその場所がありますが、ほとんど知られていません。その場所のことをスペンス乳腺といい、触り方を覚えることによってカップルでのセックスがさらに気持ちよくなります。

女性は、男性が思っているほど胸での快感は得られません。しかし、男性からスペンス乳腺を触ってもらうことで、強い快感を得られるようになり、気持ちよくセックスを楽しむことができるのです。

形式的に胸を触るのはもうやめましょう。男性は胸を触るのがとても好きなので、その特性を利用して、スペンス乳腺を触ってもらえるようにしましょう。

スペンス乳腺の場所

スペンス乳腺は、実際にどの位置にあり、どう触ればいいのでしょうか。スペンス乳腺という名前を聞いてもしっくりきません。実際は、脇の下と横乳の境目のことをスペンス乳腺を言います。裸で気を付けの状態になったとき、胸と腕が触れる位置です。

男性は、この場所をゆっくりと愛撫しましょう。乳房全体の感度を上げることもできるようになるので、丁寧に愛撫することで、強い快感を与えるようにしましょう。女性も、脇の下はくすぐったいという固定観念を捨て、素直に愛撫に身をゆだねてみましょう。

今までは胸で感じることができなかった快感を、この部位で得ることができます。スペンス乳腺という言葉と場所を知ったなら、すぐに実践してみましょう。

スペンス乳腺を触った初めの反応

スペンス乳腺を触っても、すぐに快感が襲ってくるわけではありません。ゆっくりと時間をかけて触ることで快感が生じます。そこでまずは、女性の反応を見つつ触り方を模索していきましょう。くすぐったい、と初めは感じていても、そこから徐々にのけぞるほどの快感になります。

未開発だからこそ、くすぐったさとして感じてしまいますが、時間をかけていくことや、エッチ雰囲気づくりをすることによって、激しく感じる場所になってきます。初めはくすぐったいからと言われていても、根気強く攻めてみましょう。

そうすることで、徐々にくすぐったさが快感に変わり、病みつきになるほどの快感になります。男性も、女性のそういった一面を1から見られるのはとても嬉しいことです。2人でしっかりと快感と向き合い、セックスを楽しみましょう。

スペンス乳腺まとめ

多くの女性は乳首や乳房を触られることで快感が得られると思われてきました。しかし実際は、女性はそういった触られ方で感じることはほぼありません。その理由は、乳首や胸は神経が非常に多く集中しているため、中々快感に変わらないためです。

男性にとっては、触ると気持ちの良い個所ではありますが、女性はたいして気持ちよくありません。そのためにも、男性はスペンス乳腺を知り、その場所を刺激してあげることが必要です。そうすることで、胸では感じられなかった女性に胸で感じさせることができます。

胸で感じられるようになれば、女性はよりセックスを楽しめるようになったり、性に対して前向きになることができます。パートナーと協力し合い、気持ちの良い方法を1つずつ試していきましょう。

↓↓注目↓↓

ストライク読者から圧倒的な支持を集めている出会い系アプリがハッピーメール。実際に女性と出会えると、TVや雑誌でも注目のアプリ。

ハッピーメールに登録(18歳以上のみ)